頑張れ、ショートカットの紫陽花さん

かなり短く剪定された紫陽花を、散歩中に発見しました。地面から約20センチ前後の高さに、ごく短く切られていたのです。いわば短髪、「ショートカットの紫陽花」ですね。それで若葉はどのように出てくるのかというと、なんと地面近くの枝から、しっかり芽吹いていました。

まるで地面から直接生えているみたい。それもすでに大きめの葉がすくすく育っていたのでびっくりです。実は普通は、枝の先から葉が芽吹くことが多いんです。我が家の紫陽花もそう。鉢植えなので小さめにつくっていますが、それでも剪定後の枝の長さは約50センチはあるんです。

そしてもちろん、今現在、枝の先から若葉が芽吹いています。ただし日当りが今ひとつのせいか、栄養不足なのか、若葉はまだまだ小さめ。ちょっとかわいらしく芽吹いています。それと比べると、「ショートカットの紫陽花さん」の元気のいいこと。たくましいですねぇ。思わず尊敬してしまいました。「これからもぜひその勢いで! それにそのパワー、ぜひ私にも」と心の中で声かけしてしまいました。

春の散歩で見つけた「ショートカットの紫陽花さん」、また会いに行きますね! どんなふうに葉が育っていくのかな。お花の色は何色かな。今からとっても楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)